yudaiブシ

yudai88.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 15日

タイヤの空気圧

緑山の講習会にて、タイヤの空気圧について質問があったのでこの場で実際の空気圧と自分なりの考えについて書きます。まず、実際の空気圧から。ちょっと、ALL ABOUT 風に・・・

コース
緑山 : 約2.8気圧 (前/後)
4クロス : 約2.6気圧 (前/後)
※ゲージの誤差も有るので厳密に言うと当てになりません!

空気圧の考え方
複数の要因があるので単純に空気圧だけとはいきません。
ライディングテクニック、ポジション、ショックのセッティング、コース、コースコンディション、体調、ゲートの具合等々のベストリザルトへの最短距離で調整します。

タイヤだけで考えると
①推進力のロスを減らす
②バイクを扱いやすくする(タイヤを上手くころがしている感触を増やす)
=>タイヤを上手く潰してはやく走る。

ポイント
タイヤの収縮を自分の体重、ペダルパワー、ライディンググスタイルに合わせて調節する。
タイヤの収縮がペダルパワーのロスや路面の突き上げ、グリップのバランスがとれるところまで空気を落とします。

具体的に言うと
1.ペダリングでリヤタイヤが跳ねる
2.コーナーで不自然に流れる、戻ってこない
3.ゴツゴツする
4.何となく怖い

こんな時には、空気圧を下げてみましょう。
きっと落ち着く空気圧が有ります。

練習会の時に空気圧を徐々に落としてライディングの感触をテストするのもおもしろいでしょう。
そうすれば、コースにあったセッティングが出来るようになります。
得意なところをのばす空気圧、不得意なところをカバーする空気圧にスムースに調整して日頃の練習の成果を決勝にぶつけましょう。

by yudai88 | 2009-04-15 12:58


<< 楽しそうなパーツをつけているのね      講習会 緑山 >>