yudaiブシ

yudai88.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

大変なのよ・・・そば打ちは

田舎で親戚のおばあたちとそば打ちやってきました。
一足お先に食べ納めております。

僕のパートは、伸ばし係。
昔、ピザ屋で磨いたスキルを存分に発揮することができた。
あの動きは、スタート絵ゲートに使える筋肉?かもしれない。

ご馳走様。
自分で打つと違うね。
d0016325_16184221.jpg

ほら、おいしそうでしょ。
愛情が詰まっている。

by yudai88 | 2009-12-31 16:18 | おいしゅうございました
2009年 12月 31日

2009年ありがとうございました

みなさんの応援の応援のおかげで今年も走ることができました。
ありがとうございます。
自分らしく走れた手ごたえもえられました。
きっとシーズンの後半は、皆さんをワクワクさせられたはずです。

なかでも、11月のレースがとても印象深く残っています。
怪我復帰戦にもかかわらず、満足いく成績が残せてほっとしています。
あのような走り方がyudaiブシなのです。
来年も濃厚なyudaiブシを楽しんでください。

今年もありがとうございました。
また、コースで会いましょう。

by yudai88 | 2009-12-31 16:09 | diary
2009年 12月 22日

midoriyama#12

天気はれ、路面の状況も良い
予選
5位通過
コースがリニューアルしてからMTBには物理的に厳しくなった。そのため毎ヒート何か起こり、予想がつかない展開が続いた。観戦側にとっては、楽しむ事が出来たはず。普通に走っていてもスピードを乗せることが難しく、抜くこともたやすくない状態。決勝では、なにが起きてもおかしくない空気が流れていた。

決勝
7位
ゲートの位置選びは、決勝の展開を予想して1イン側のグリットを選んだ。ホールショット争いでもイン側が無難だと判断したため。もちろん、1番イン側で短いコースが取れるけれども、ランプを見るスタートスタイルの自分には、リスクも有るグリットであることも承知のうえ。スタートは、無難にこなせた。
d0016325_032215.jpg

レースの後半までCharge bikesで 1-2位をキープしながら走行。そのままゴールするのかと観客を期待させたが、第3コーナでブロックを失敗し、落車。7位でゴール。
d0016325_043712.jpg


公式練習から冷静に走れていた。ほとんどのライダーがコースへの慣れがないレースであったため、各ヒート新鮮で終止楽しかった。今日は、レース後半まで2位を走れていた、チームで1-2フィニッシュも狙えたけれどこの日の自分は、3コーナーで勝負にでた。
優勝が見えたから。そして、抑えられず落車した。7位の結果ではあるがいい負け方が出来た。この日の僕の勝負どころであり、見せ場をしっかりまっとうできたから。すがすがしかった。やっと自分らしく走れるようになった。
d0016325_065282.jpg

2009年応援ありがとうございました

by yudai88 | 2009-12-22 00:05 | race report
2009年 12月 16日

こんな物 つくってしまうのね

PEUGEOT FRANCEで変わったコンセプトカー作ったみたい。
日本では、軽自動車にあたるのか。
スクーター用みたいなハンドルがくっついていた。
d0016325_12333746.jpg

早く日本に入ってこないかなぁー
自転車は、入らないみたいだし。
どうなの?

by yudai88 | 2009-12-16 13:02 | diary
2009年 12月 10日

気候が変だ 雪がない冬

今年は、雪が少ない。いや、雪が作れない。
気候が徐々にそうなってきている。
ということは、スキー場が今年瀕死状態であることは簡単に想像がつく。

エルニーニョとかいう地球環境の風邪は、なんだかんだと毎年耳に入ってくる。
少し昔では、熱帯夜が連続何日目!!
なんて、天気予報のトピックスになっていたけれども、ついには話題にもならなくなった。
同じ道を歩んでいるように感じる。

近い未来は、富士見パノラマが1年中MTBコースオープンとなる日も近い?
自分に都合よく、MTBにとっては・・・4クロスのコースがつぶされずに残るということならまだしも。

一般の人にとってシーズンスポーツは、ONーOFFのお陰で緩急付けて楽しむことできるんだろう。
4月にもなるとfujimiに行きたくてウズウズするあの感じがなくなるのは寂しい。

MTBがアメリカで生まれてから20年少し。日本に入ってきてどのくらいになるか・・・

本当に楽しんでMTBにRIDEしている人口ってどのくらいなんだろう。
fujimiのCコースを何度も走っているライダーが多いことが心配だ。
MTBは、coolに乗れてなんぼのはず。
たとえば、ウイリーとか。信号待ちスタンディングとか。
あきらめてない?

by yudai88 | 2009-12-10 23:59 | diary
2009年 12月 07日

色々と勉強になりました

1泊2日伊豆サイクルスポーツセンターにてJMA主催の指導者講習会へ行って来ました。
参加者は、20人程度。
MTBへの情熱を持っている方がこんなにいるなんて・・・うれしくなりました。
この様な仲間がいるおかげで今があるのだと痛感。

実技検定用のライディングは、以外とレベルが高いのに驚かされた。
まるで運転免許センターの教官と重なって見えた。
求められているのは、教官が行うようなテクニックでレースのテクニックじゃないのです。
僕なりには、レースにも使えるのじゃないかと思いましたけど。

MTBとは?楽しさとは?基本フォームは?
この漠然とした質問にも筋の通った回答が返ってきます。

集合場所には、えっ と意外な人たちそろっていて驚いた。
シンゴ店長、XCの松本駿君、モトクロスの鈴木健二さんとかが同期生となりました。
そして、泊まりのスケジュールのため同じ部屋には、競輪のS1級の久松選手とでした。
同センターの400mレコードも持っているとのことでした。
久松さんは、トレーニングでMTBを取り入れているそうです。ストレッチ効果が有るようです。

同じ自転車同士向き合わなくてはいけないと
考え深いことをいっていました。
MTBとロード?疑問が残る。

by yudai88 | 2009-12-07 13:04 | diary
2009年 12月 03日

週末は、サイクルスポーツセンターにて勉強です

行きたくてもなかなかいけなかった
指導者養成講座(日本マウンテンバイク協会)へ行って来ます。

どんなことやるのでしょうか、たのしみです。

ひさしぶりの授業なので・・・心配です。

by yudai88 | 2009-12-03 12:38 | diary
2009年 12月 03日

だから、どうした

もう読まないと決めていたR25。ふと、気になって手にした。

吊革に片手のながし読みペースに、「ちょっと、まった」と急ブレーキを踏まれるいつものページ。
ほぅ~といつもうなずける、巻末のコラムを書いている石田衣良さんのこと。

今週のおだいは、「だから どうした」。
年末らしい内容、元気が出る内容、しんみりする内容が直球でかかれていた。
三球三振とられたこの文章、これ、トイレに張ろう。

by yudai88 | 2009-12-03 10:26 | diary
2009年 12月 01日

やべぇ 12月

こんな時に仕事が忙しい・・・
1日30時間くらいにならないとだめだ

まずい

学生が休みに入る→調子上がる。

雨だ。

雨降れ。

by yudai88 | 2009-12-01 23:59 | diary