2008年 07月 15日

リスクスポーツで思うこと

とある業界で事故があり、改めて危険なスポーツをやっているのだなと感じた
コース上では自分の身は自分で守らないと行けない
ゴールまでたどり着ける技術も当然必要
そして、自分の器を越えないようにする技術も知らないといけない

自分の危険信号を我慢して大怪我をする人が絶えないといつも思っている
勢いで行ってしまば何とかなる・・・そんなの当たらない宝くじを買っているようなもの
時によって、その代償はあまりにも大きすぎるときがある、当然自分以外にも降りかかる

それがリスクスポーツなのでしょうか ですが、走って何ぼじゃないかと
時々、自分を押し切れる人を自分勝手に見えるときがある
F1のように生死隣り合わせの人たちと一般の人は生きている世界、次元が違う

このようなスポーツに対する取り組み方を見直してほしくて書きました
ご冥福をお祈りします

by yudai88 | 2008-07-15 01:21 | diary


<< やっぱり大切やな      地元のレースで勝つつもりで走る >>