2007年 10月 22日

緑山 定期戦

d0016325_13285860.jpg
チームメイトである鎖骨の山田クンが緑山にいた。
チタンの20インチを自信満々に持ってきてちょっとうらやましい。
骨は?もうイイみたいっす。 ってまだだろ。高校生の骨はすぐにくっつくみたいだ。
しかし、いいところ見せないと示しがつかないんでさくっとプラクティスに。

d0016325_13405735.jpg

予選1ヒート目でホールショットが取れて今日のレースの調子が上がっていることに気がつくも、プラクティスでやってしまった腰がとても痛くロールと大好きなこぎ抜けが出来なくなっていた。とにかくかばいながら、決勝を目指した。
無心ではしる事3本、予選は2位通過だった。
決勝もこ痛みをひどくさせないように地味に走ることにした。
なにも考えずがむしゃらに、痛みを殺すようにゴールまではしり2位。
なんだかとてもうれしかった。久々に味わったこの感覚。

次こそは・・・とか。こうなれば・・・など痛みで考える余裕がないから。
これって、いつもどうりに走ればいいってことでしょうか?気になります。


応援してくださった皆様ありがとうございました
画像はウブログ様から提供していただいております。

by yudai88 | 2007-10-22 13:26 | race report


<< ついに越すようになってしまったか      ちょっと小耳みはさんだこと >>