2011年 09月 20日

トライアスロン世界選手権シリーズ

今週末の連休は、横浜山下ーみなとみらいで都市型トライアスロン大会が開催されました。
メインのエリートクラスが行われる前日、一般クラス向けの大会を視察にいってきました。
d0016325_0543087.jpg

出場選手数は、エリート129人で日本代表選手は、女子9人、男子4人の計13人。
エイジ(一般の部)1,172人でした。
トライアスロンは、スイム、バイク、ランの3種目を連続して行うレース。
d0016325_055110.jpg

競技種目は、
エリートの部(51.5キロ)=スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ。
エイジの部(51.5キロ)=スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ。
パラトライアスロン(25.75キロ)=スイム0.75キロ、バイク20キロ、ラン5キロ。

競技スケジュールは、
朝8時に開始し、14時には表彰式と、とても健康的ななスケジュールでした。
参加者の多くが山下公園で少し休憩をとったあと、自走で家路についているようでした。
驚いた光景では、駅の改札で輪行の準備をする帰宅者も複数見られました。
当日は、電車持ち込みそのままOK!とかのフォローがあるといいですねぇ。
d0016325_0554698.jpg

一般クラスは、まっとうなローカルレースで微笑ましい光景でした。
ドロップハンドルに取り付けるあのハンドルなくても十分!
自転車のりにとって、20キロなんてあっという間ですよね。
聞いた話、バイクのパートが最も重要なんだそうです。自転車の乗りにとってアドバンテージのある競技はなかなかないので有利にレースを楽しめることでしょう。
地元開催だと行きは、アップができ、帰りは、クールダウンができ一石二鳥。

コース設定は、
スイム=山下公園前面海域。
バイク=山下公園〜横浜ワールドポーターズ~横浜赤レンガ倉庫~大さん橋前~山下公園。
ラン=山下公園~日本大通り~横浜税関前~大さん橋前~山下公園。
みんなのデートコースが当日は、死闘を争う特設コースに変わりました。

来年は、是非出場したいですね。
さて、仲間を募ろうか。

by yudai88 | 2011-09-20 00:55 | diary


<< 南風(泡盛)をのもう!      この豆おいしいよ >>