2010年 09月 01日

自分も骨盤がだめなほうでした

チーム員が足首を骨折してしまい、リハビリの毎日だそうで。
なにやら、骨折した部位以外のリハビリというトレーニングを集中的にやっているようです。
はなしの節々に骨盤という言葉がたくさん出てくるほど重要らしい。

僕も気にして骨盤をつかった動きに置き換えてみると、なるほど。
腰痛が出る側があまりよろしくないフィーリングなのに気がついた。

故障をする事は、よろしくない事。
特にレースを追いかけているものとして。
しかし、けがによって気がつく事も多いのも事実です。
けがを多くする人は、スランプに陥らない。
なぜなら、その故障をするたびに0からトレーニングを始め再構築するからです。
きっとそうです。
そうやって、復活したときには昔よりも早く走れるのですね。

by yudai88 | 2010-09-01 22:41 | diary


<< 走水神社にいってきました      DEVIL 一本 >>